車種別適合表
エンジンスターター車種別専用ハーネス適合表&車種別接続図(カーセキュリティ含)
※車種別接続図に関しましては、カーセキュリティの車種別接続図も一部掲載しております
※車種別接続図 参考情報(PDFファイル)は、一番右欄、3ケタの数字をクリックしてください。

◆車名別適合検索・メーカー名を選択(車種から選ぶ/ご利用の車種より適応をご確認いただけます)
 
◆メーカー別の適合表一覧を見る(全車種)
 
◆専用モデル適合・最新情報・その他の情報(PDF表示)
エンジンスターター車種別専用ハーネス品番&オプション品番 価格表(PDF表示)

PDF PDF表示をご覧いただくためには、最新のAdobe Reader(無料)が必要です。
こちら(Adobeホームページへ)から、ダウンロードすることができます。



ご購入前の注意!
    警告
  • メインユニットハーネスと車種別専用ハーネスに必ず市販の絶縁テープを巻いて保護してください。各種配線と車両金属部が接触してショートし、メインユニットの故障、車両ヒューズ切れなど、本体の動作不良になる恐れがあります。また絶縁テープを巻いた各種ハーネスをダッシュボード内(コラムカバー内等)に収める時には狭いスペースの為、各種ハーネスがショートしないようにしっかりと固定し十分に気をつけて収めて取付けを行ってください。車両金属部の接触によるショートが原因の本体動作不良または車両や車載品の故障、事故等の付随的損害については弊社では一切責任を負いません。
  • マニュアルミッション車には本製品を取付けしないでください。事故になる危険性があります。
  • 一部の車両でエンジンスターターをつけることによりエンジンを停止する時にシフトレバーがP(パーキング)、N(ニュートラル)の位置以外でキーがOFFまで回りキーが抜けてしまい、ターボタイマー使用時に車両が動きだしてしまう可能性があります。その場合、オプション(Be-963またはBe-973)等で対応してください。
  • 取付けには専門知識が必要です。取付けはお買い上げの販売店またはカーディーラーにご依頼下さい。お客様ご自身で取付けられた場合は、取付サポート及び保証が受けられません。
    注意
  • エンジンスターターは、国産12Vのオートマチック車に取付けできます。
  • 一部の車両で取付けできない場合がありますので本製品をお買い上げいただく前に必ず「エンジンスターター車種別専用ハーネス適合表」でお確かめいただき、「エンジンスターター車種別専用ハーネス」を必ずご購入下さい。
  • 本機を取付けの際、電気知識のある方にご相談のうえ、お取付けください。また、予め以下の工具が必要となります。サーキットテスター、プライヤー、ドライバー(+)、スパナまたはボックスレンチ、絶縁テープ等。
  • エンジンスターターは、「エンジンスターター車種別専用ハーネス」以外で取付けると、コードの容量不足や接触不良などによって事故や火災の原因となり危険です。必ず別売の「エンジンスターター車種別専用ハーネス」で取付けてください。
  • 日産A/T車は、ターボタイマー作動中にイグニッションキーが抜けなくなる車種があります。このような車種には、別売の「キーロックリレーアダプター」Be-2500が必要です。一部日産車にエンジンスターターを取付けるとリモコンでエンジン始動中に車両のリアウィンドデフォッガーが作動します。このような車種には別売の「キーロックリレーアダプター」Be-2500が必要です。詳しくは、エンジンスターター専用ハーネス適合表をご覧いただくか、サービスセンターへお問い合わせください。
  • ターボタイマー(スターター含む)や他社盗難防止機との併用取付けはできません。
  • マツダ車にL端子配線をした時、エンジンスターターのL端子機能が正常に作動しない車種があります。このような車種には、別売の「L端子検出アダプター」Be-966が必要です。詳しくはサービスセンターへお問い合わせください。
  • エンジンスターターを取付けた一部ホンダ車でイグニッションキーの操作を誤るとパーキングポジション以外でもキーが抜けてしまう恐れがあります。(ターボタイマー使用時)その場合、オプション(Be-963またはBe-973)等で対応してください。
    警告
  • エンジンスターターは、国産12Vのオートマチック車に取付けできます。下記の車種にはエンジンスターターを取付けしないで下さい。
    ○車種別専用ハーネス適合表で適合していない車種
    ○エンジン始動直後、チャージランプが消えない車
    ○24V車 (寒冷地仕様などでバッテリーが2個付いている12V車は取付けできます)
    ○キャブレター車またはエンジン始動の際にアクセルペダル操作を必要とする車
    ○セキュリティシステム(セキュリティアラーム等)装備車 (一部車両はオプションで対応)
    ○イモビライザー装着車 (一部車両はオプションで対応)
    ○キーフリーシステム(インテリジェントキー、スマートキー含む)装着車 (一部車両はオプション対応)
    ○輸入車
    ○マニュアルミッション車
    ○一部のプッシュボタン式エンジン始動装着車 (一部車両は専用エンジンスターターまたはオプションで対応
    ○一部のハイブリッド車 (一部車両は専用エンジンスターターまたはオプションで対応)
    ○一部のアイドリングストップ車
    ○商用車、バン、限定車(調査対象外の為)および自動車車種別ナンバーが「3##」、「5##」以外の車
  • 一部車両でワイヤレスドアロック機能を使用するにあたって別売のBe-965、Be-970、Be-974が必要です。また、下記の車種につきましてはワイヤレスドアロック機能を使用することはできません。
    ○車種別専用ハーネス適合表で適合していない車種
    ○集中ドアロック制御できない車種
    ○一部のキーレスドアロック制御を多重通信で行う車種
    ○弊社以外のセキュリティーシステム装着車 (ドアロック連動タイプ)
    ○ディーラーオプションのキーレス搭載車種
  • 下記装置はエンジンスターターを取付けると、正常に作動しなくなる場合がありますので、予めご了承下さい。
    ○キーレスエントリーシステムまたはワイヤレスドアロックシステム
    ○セキュリティシステム
    ○オートポジションステアリング&シート
    ○オートライトコントロールシステム
    ○クルーズコントロールシステム
プッシュスタートシステム車専用エンジンスターターご購入前に
    警告
  • 他製品の電源を本製品に接続すると電気容量が不足し、車両ストップランプのヒューズが切れ、ストップランプが点灯しなくなる恐れがありますので絶対に接続しないでください。車両故障の原因となります。
  • 安全取付けの関係上、お客様自身からの取付けに関するご質問、お問い合わせ情報開示、サポート等に関しては一切お答えできませんのでご理解下さい
  • 各種ハーネスコネクタ接続先は弊社ホームページの車種別接続図でご確認下さい。
  • 車両ハーネスコネクタ形状が異なる場合や割り込み接続が出来ない場合は無理に行わないで下さい。車両故障を起こす恐れがありますのでご注意ください。
  • 本製品を使用中、万が一車両盗難、車上あらし等の被害が発生しても弊社での補償は一切行なっておりません。
  • 必ずエンジンを切り、車両電源をOFFの状態にして取付けて下さい。
  • コネクターを接続する際、「カチッ」と音がするまでしっかりとはめ込んで下さい。また各種ハーネスと車両金属部がかみ込まないように取付けして下さい。
  • 安全上エアバッグのコネクタは絶対に外さないように充分ご注意ください。
  • 安全上エアバッグ周辺には本製品の取付けを行わないでください。
  • 排気ガス中毒の危険性がある換気の悪い車庫や屋内での使用はしないでください。
  • ボディカバーを掛けたままの使用はしないでください。
  • 火災の危険性がある、燃えやすい物の近くでは使用しないでください。
  • アイドリングの直後や本製品作動中にエンジン点検等を行うと、火傷をする恐れがありますので、エンジンルーム内を充分に冷ましてから行ってください。
  • お子様やペットを車に乗せたままでは、絶対に使用しないでください。
  • リモコンはお子様の手の届かない場所に大切に保管してください。
  • プッシュスタートシステム車以外には本製品の取付けはできません。
    注意
  • 本製品は日本国内のみ使用できます。海外では使用しないでください。
  • 適合表に記載されていない車種、年式、型式の車両は取付けできません。
  • 一部車両でオプションが必要になります。必ず弊社指定のオプションをご使用ください。
  • リモコンのケースやアンテナを手等で包み込むと電波の飛距離が短くなります。
  • リモコンの技術基準適合証明ラベルは、はがさないでください。
  • リモコンを分解したり改造することは、電波法で禁止されています。改造して使用した場合は、罰せられることがあります。
  • ターボタイマー(スターター含む)や他社盗難警報機との併用取付けはできません。
  • 公道でエンジンをかけたまま車両を無人で放置すると、道路交通法違反となります。必ず私有地でご使用ください。 (公道とは、公共施設スーパー・月極等の駐車場や河川敷・神社の境内等、不特定多数の車が出入りできる場所を含みます。)
  • リモコンは防水加工されていません。雨、雪、水等のかかる場所や濡れた手での操作は避けてください。 リモコン内部に水分が浸入した場合、故障の原因となり修理不可となる事があります。
  • 取付ける前には必ずバッテリー(マイナス端子)を外してから作業を行ってください。 車両故障の原因になります。
  • 【バッテリー(マイナス端子)を外す時の注意事項】
    • バッテリーの取外し、取付けする際、バッテリー固定金具やバッテリー端子取付け用ナットは工具を使ってしっかりと締め付けて固定してください。不適切な取付けを行うと車両火災の原因になります。
    • ナビゲーションにパスワードが設定されている場合はパスワードを解除してからバッテリーを外してください。解除しないとバッテリーを接続した時にパスワードを入力する必要がありパスワードがわからないとナビゲーションが使用できなくなります。
    • オーディオ・ナビゲーション・時計等がリセットされます。
    警告プッシュスタートシステム車両の仕様上、下記の様な制限があります
    ※ご使用の製品によっては、仕様・制限が異なる場合がありますので各商品パッケージまたは取扱説明書をご確認ください。
  • 基本下記①~④のような場合、本製品でエンジン始動できません。(製品によっては、各種機能設定の変更にてエンジン始動が可能となります)
    ①ドアが開いている場合(車種によってはトランクも含まれます)
    ②フットブレーキが踏まれた状態
    ③車幅灯やヘッドライト点灯時
    ④車両のオートライト機能がONの状態。また、本製品でアイドリング中に上記の状態になった場合は、エンジンを停止します。(車両のオートライト機能をOFFにしてください)
    ※WR800PSはSS-051を取付けることによりオートライト機能がONでもエンジンスターターでのエンジンスタートが可能になります。ただし車外が暗い時、リモコンでエンジン始動中にアイドリング時間(設定時間)の終了によるエンジン停止、リモコンによるエンジン停止、エンジンスターターエラーによるエンジン停止した場合、車両ヘッドライトが点灯したままになりますので注意してください。
  • WR820PS/810PS/720PS/710PSは、製品のオートライト制御機能の設定をONに変更した場合、アイドリング中にドアを開けてもエンジンは停止しません。(フットブレーキを踏むとエンジンは停止します)
  • 車両に乗り込むときは必ずエンジンが停止します。車を運転する際には手動でエンジン始動が必要となります。
  • スイッチイルミネーションが点灯中はエンジン始動することができません。(スマートキーを携帯して車両に近づいたり、エンジン停止時やドアを閉じた後等)取付け車両によりエンジンスターターでのスタートによりスイッチイルミネーションが点灯する場合があります。その時はオプションSS-051「カーテシセンサー(複数線)」が必要になります。
  • イルミネーションコントロール機能(メーター照明の明るさを調整する機能)付きの車両はイルミネーションの明るさ調整を最大(明るく)にしてください。暗く調整しているとドアオープン等によるエンジン停止機能が作動しない恐れがあります。
  • アイドリング中は、純正スマートキーおよびスマートエントリーシステムによるドアのロック、アンロックができなくなります。エンジンを停止させてからスマートキーでロック、アンロック操作を行なってください。
  • アイドリング終了後、またはリモコンでのエンジン停止後はドアノブでのドアアンロック操作はできません。車両スマートキーリモコンでロック、アンロック操作を行なってください。
  • リモコンでエンジン始動時、車両のストップランプが約5秒間点灯します。
  • 純正のオートアラーム装備車には取付けできますが、G-Security装備車には取付けできません。オートアラームはIGONにてセキュリティ解除となるため、リモコンエンジンスタートにて同時に解除され、誤警報を行ないません。なおアイドリング終了後、オートアラームは自動復帰しません。
  • 弊社製カーセキュリティとの連動はできません。
  • WR900PS/820PS/810PS/720PS/710PSでスマートスタート機能を使用して走行する場合は車両のセキュリティ表示灯が点滅したままになります。
  • 下記装置はエンジンスターターを取付けると、正常に作動しなくなる場合がありますので、予めご了承下さい。
  • ※キーレスエントリーシステムまたはワイヤレスドアロックシステム・セキュリティシステム・オートポジションステアリング&シート・オートライトコントロールシステム
  • スターター取付け後、スマートキーまたはメーカーオプション「キーインテグレーテッドウォッチ(時計型)」、「ウェルジュ(ハート型)」等を追加した場合やスマートキーの修理、交換した場合はリモコンでエンジン始動できなくなります。その場合は初期設定が必要になります。
車種別専用ハーネスの取付け方法
1. 車のキーシリンダーから出ているコネクターを探します。
  コネクターの場所は、車種によって異なります。
  キーシリンダー直付けタイプ キーシリンダーから10cm~30cmの場所にあるタイプ ヒューズボックス、またはヒューズボックス付近にあるタイプ 車種によってはコネクターが二ヶ所に存在する場合もあります
  場所

2. 車側のコネクターを外し、外したコネクター間を専用ハーネスで接続する。
  車のコネクターを外した状態で、イグニッションキーでエンジンを始動させたとき、エンジンがかかる場合はコネクターが間違っています。専用ハーネスだけを接続した状態では、イグニッションキーでエンジン始動できません。
  接続
種別専用ハーネス取付け位置 注.下記以外の箇所に取付ける場合もあります。
キーシリンダー直付けタイプ ヒューズボックス付近タイプ キーシリンダーより10~30cmタイプ
Be-155 Be-160 Be-161 Be-162
Be-163 Be-164 Be-165 Be-166
Be-167 Be-253 Be-259 Be-260
Be-261 Be-352 Be-354 Be-355
Be-356 Be-357 Be-358 Be-359
Be-361 Be-453 Be-454 Be-458
Be-459 Be-651 Be-655 Be-863
Be-852 Be-853 Be-856
Be-857 Be-869 Be-870
その他の品番ハーネス
キーシリンダー付近とヒューズボックス付近タイプ
Be-854 Be-858 Be-859
Be-860
ヒューズボックス付近と直接端子を接続するタイプ
Be-757

3. 専用ハーネスとエンジンスターターを接続する。
  車種別専用ハーネスは品番によってエンジンスターターとの接続方法が異なります。
下記番号図を参照し、正しく接続してください。
※車種別専用ハーネスの接続方法を誤ると車両故障の原因になりますので、必ず下記の接続をして下さい。
②の灰色コードの差換えを行わないと車両自体もしくは、エンジンスターターの動作不良(エンジン作動しない、エアコンが効かない、オートクルーズが効かない、ABSランプ点灯、P/N検出エラーなど)の原因になります。
また、はじめはエンジン始動していたが、突然エンジンスターターの動作がしなくなる原因になりますのでご注意ください
① 専用ハーネスに黒コードが1本の場合
専用ハーネス取付方法

② 専用ハーネスに黒コードが1本、灰コードが1本の場合
専用ハーネス取付方法