エンジンスターター - 株式会社コムテック

ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム
TOP> ピュアクリスタルフィルム
タイヤチェーン SPEEDIA SX タイヤチェーン取付説明
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム
対応機種 品番 JANコード 商品画像 パッケージ
ZERO 94VS CPF94VS 4952040500940 こちら こちら
ZERO 92VS/FX-07 CPF92VS 4952040500926 こちら こちら
ZERO 802V CPF802V 4952040500025 こちら こちら
ZERO 800V/84V/83V CPF84V 4952040500841 こちら こちら
ZERO 83V CPF83V 4952040500834 こちら こちら
ZERO 702V CPF702V 4952040500018 こちら こちら
ZERO 701V CPF701V 4952040507017 こちら こちら
ZERO 700V CPF700V 4952040507000 こちら こちら
ZERO 75V CPF75V 4952040500759 こちら こちら
ZERO 74V CPF74V 4952040500742 こちら こちら
ZERO 73V/72V/62V CPF72V 4952040500728 こちら こちら
ZERO 71V CPF71V 4952040500711 こちら こちら
iPhone5 CPF501 4952040505013 こちら こちら
iPhone4 / iPhone4S CPF401 4952040504016 こちら こちら
製品特徴
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム 高光沢で液晶をより鮮明に。全光線透過率92%、ヘイズ(曇り度)値も0.7%と明度が高く白ボケすることもありません。
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム 表面の擬似指紋液の接触角が10°以下で、指紋や皮脂などが薄く広がり目立ちにくくなります。また、付着した指紋や皮脂の汚れなども簡単に拭きとれます。
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム 細かな擦りキズなどを防ぎ液晶画面の鮮明度を保ちます。
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム 接着面にのりを使用していないので、なんどでも貼り直すことができます。また、真空吸着で貼るため、貼り付け時の気泡の押し出しも簡単です。


液晶保護フィルムの貼り方

ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム
【iPhoneの場合】
 1. 液晶画面をきれいにする
同梱のクリーニングクロスで、表面に付着しているほこりや皮脂油などを丁寧に拭きとってください。 ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム

 2. 接着面の保護シートをはがして液晶画面に貼る
貼り位置を決め、 A.接着面保護シートをはがしてください。ゆっくりと空気が入らないように貼ります。気泡が入った場合は、外に押し出してください。
※接着面を触らないようにご注意ください
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム

 3. 表面保護フィルムをはがす
貼り付け終わったら、赤色のタグのついたC.表面保護シートをはがしてください。 ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム
【レーダー探知機の場合】
 1. 液晶画面をきれいにする
同梱のクリーニングクロスで、表面に付着しているほこりや皮脂油などを丁寧に
拭きとってください。
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム
 2. 接着面の保護シートをはがして液晶画面に貼る
貼り位置を決め、A.接着面保護シートをはがしてください。
ゆっくりと空気が入らないように貼ります。気泡が入った場合は、外に押し出してください。
※接着面を触らないようにご注意ください
ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム
 3. 表面保護フィルムをはがす
貼り付け終わったら、赤色のタグのついたC.表面保護シートをはがしてください。 ピュアクリスタルフィルム 液晶保護フィルム
ご購入時の注意
  • 本製品は機器本体の画面を保護するフィルムです。他の用途ではご使用出来ません。
  • 本製品は機器本体を完全に保護するものではありません。画面および機器本体の破損や損傷などについては一切の責任を負いかねますのでご了承ください。
  • スマートフォンカバーと併用した場合、ケースによって保護フィルムと干渉し、はがれる場合があります。
    ※本製品の仕様および外観は改良のため予告なく変更することがあります。
ご使用上の注意
  • 本製品および機器本体の変形や劣化の原因になりますので、高温・多湿・直射日光を避けてご使用、保管してください。
  • アルコール類、またはその他の薬剤を本製品に付着させないでください。
  • フィルムの貼り付け、はがす際の画面の破損、損傷については責任を負いかねます。
  • カバンやポケットから出し入れする際に、フィルムが引っ掛かり、はがれる場合があります。