COMTEC TOPページ ×閉じる
Usersound Creator
対象機種:ZERO702V / ZERO802V / ZERO802M

◆Usesound Creator使用前に必ずお読みください。

●本ソフトウェアはお好みの音楽データを警報音として使用するために変換するためのものです。

●本ソフトウェアを使用して変換したデータのファイル名を変更すると、正しく警報音に設定できません。

●本ソフトウェアで変換できる音楽データの長さは30秒です。30秒以上の音楽データを変換した場合、先頭から30秒のみ変換します。

●本ソフトウェアで音楽データの再生時間の切り出しや編集は行うことができません。

 音楽データの切り出しや編集を行う場合は、別途音楽データの編集ソフトを使用してください。

●本ソフトウェアを使用してmicroSDカード自体が破損した場合、弊社は一切の責任を負いかねます。

●対応するパソコンは下記のスペックを推奨します。

OS:日本語版 Windows 7/8.1/10

●本ソフトウェアはインストール不要で使用することができます。

◆必要なもの

・microSDHC対応カードリーダー/ライター

・上記記載スペックのパソコン

◆対応フォーマット

・wav、mp3

起動方法
1. 下記リンクをクリックし、データをダウンロードしてください。
ダウンロードしたファイルをデスクトップ上などわかりやすい場所に解凍(展開)してください。
※ファイルを解凍できない場合は、解凍ソフトをご利用ください。
--- 解凍ソフトはこちら ---
  --- ◇使用許諾契約 ---


上記 「◇使用許諾契約」 に同意してデータをダウンロードします

ファイル名:「Usersound Creator.zip」
   
>>>
2. フォルダ内にある【UsersoundCreator.exe】をダブルクリックして起動します。
 
   
使用方法
1. 参照ボタンをクリックし、警報音として使用する音楽データを選択します。
 

   
>>>
2. "変換する"をクリックし、保存先を指定します。
※保存先は、どこに保存したかパソコンのわかる場所(デスクトップをオススメします)を選択してください。
 



   
>>>
3. 電源OFFの状態のレーダー探知機からmicroSDHCカードを抜きパソコンに接続します。
※パソコンにmicroSDHCカードの差込口がない場合は別途カードリーダーが必要になります。
 
   
>>>
4.

パソコンでmicroSDHCカードを開き、変換した【Usersound.dat】をmicroSDHCカード内のusersoundフォルダにコピーまたは移動します。

  !!-- 注意 --!!
・microSDHCカード内にはじめからあるフォルダは絶対に削除しないでください。
・フォルダ名の変更はしないでください。
 
   
>>>
5. データを入れたmicroSDHCカードを電源OFFの状態のレーダー探知機に戻します。
 
   
>>>
6. レーダー本体で機能設定 → アラーム設定を開き、設定内容を"ユーザー"に変更することで、警報時のアラーム音を変更できます。
※詳しい設定方法は、取扱説明書内、ユーザーサウンド機能を参照してください。
   
   
   
  ▲最初に戻る